食物繊維と乳酸菌でうつ病に効く生活習慣を

うつ病に効く生活習慣として食物繊維と乳酸菌の摂取が重要となるのは、
これらが腸内環境を整える栄養素であるからです。

うつ病にセロトニンが関係しているのはよく知られている事実ですが、
実は人間の体内に存在するセロトニンの90%以上が腸内に留まっているのです。
最近の研究では、腸と脳がセロトニンを介してお互いに作用し合っているいることがわかってきています。
このため、腸の調子が悪いと必然的に脳の機能にも支障を来たす、ということなのです。

なお摂取する順番ですが、食物繊維、乳酸菌の順に摂取するようにしてください。
いきなり乳酸菌を摂取しても、腸が汚いままでは腸内細菌が育ちません。

このためうつ病の生活習慣としてこれらの栄養素を摂取するには、
まず食物繊維を取って腸内を綺麗にして、その後に乳酸菌をプラスするようにしてください。
そうすることで腸の機能を維持してくれる腸内細胞を育てることができます。

なお、乳酸菌と聞くと乳酸飲料をよく想像しますが、
こちらは飲まないような習慣づくりを心掛けてください。

というのも、このような飲料には大量の糖分と食品添加物が含まれているので、
もし摂取すると腸内環境が整うどころか、むしろ悪化させてしまうのです。

体に入れるものは、なるべく自然な原料だけで作られているものに限定するようにしてください。

また腸内環境が整うと、
うつ病への効果のみならず植物性タンパク質とファイトケミカルの吸収率も同時にアップします。