食物繊維は2種あり成分も違うが両方摂取がポイント

食物繊維という言葉は広く知られていますが、
これは、ヒトの消化酵素では消化することができない食品中の難消化性成分の総体と定義されています。

食物繊維は、便秘を防いでくれたり生活習慣病の予防効果などが期待されるものになります。

水溶性と不溶性の2つの種類に分けられており、
それぞれによって期待される効果に違いがあるのが、ポイントのひとつになります。

水溶性の成分には、野菜や果実に含まれているペクチンが有名であり、
コンニャクに含まれている粘質多糖類のマンナンや、コンブのような海藻類に含まれているアルギン酸などがあげられます。

一方の不溶性には、穀物類の小麦ふすまに含まれているセルロースという成分が代表的なものになり、
エビやカニの外皮に含まれている、キチンのポリグルコサミンなどがあります。
不溶性食物繊維は、水に溶けないものですが水分を含んで膨張しますので、
腸内の不要となったカスを体外に出してくれます。

また、咀嚼回数が増えますので過食を防ぐことができるのがポイントでもあります。

水溶性食物繊維は、水に溶けて胃から小腸へ食べた物をゆっくりと移動させますので、
食後の急激な血糖の上昇を防ぐことができます。

食物繊維を含んでいる食品はたくさんありますので、
水溶性と不溶性のどちらもしっかり体内に摂り入れることが、ポイントにもなります。

日本人の食物繊維摂取量は不足しているようですので、日常的に体内に摂り入れたいものです。